バイナリーオプションが怪しいと言われる理由は?

ザ・バイナリー

バイナリーオプションは怪しい…
そのように言われることが多いのですが、そのような理由は、バイナリーオプションに関する業者がとても多く、中には悪質な業者もいるからです。

そもそも、バイナリーオプションというのは、ブラックショールズモデルに基づいて設計されている投資商品です。
そのため、シンプルな投資ですので、まだまだ知識の少ない初心者はだまされやすいのです。

簡単に高額を稼げる

簡単に高額を稼げる

投資ソフトの多くには、言う通りに取引をすれば、間日数十万円を稼ぐことができる!
そのようにデカデカと記載されているような投資ソフトがありますが、まず、そのようなことはありません。

投資ソフトの言うとおりにしているだけで、数十万円、数百万円稼げるのであれば、そのような素晴らしいソフトを売るようなことはありません。
為替というのは、ゼロサムゲームですので、誰かが勝ったということは、誰かがそれだけ負けています。
絶対に当たる投資ソフトの参加者が増えるのであれば、その分だけ損をする人が増えるということでもあるのです。

話しがおかしいことに気づくべき

話しがおかしいことに気づくべき

少しでも投資をした経験のある人であれば、そのようなうまい話自体がおかしなことに気がつけると思います。
バイナリーオプションの厄介なところは、ターゲットは億万長者を夢見ている大学生、お金の構造を知らない無知な人が狙われやすいということです。

バイナリーオプションで稼いでいる投資集団もいますが、これはバイナリーオプション業者も巻き込んでいる状態なのです。

大学生はSNSの情報発信力も大きいですので、バイナリーオプションで詐欺に遭ったということを発信すれば、それだけバイナリーオプションは怪しい、危険という情報ばかりが独り歩きしてしまいます。

出金拒否をされてしまった時には…

出金拒否をされてしまった時には…

バイナリーオプションの悪質業者の手口として多いのは、出金拒否をされるということです。悪徳業者がはじめから出金をさせない目的で立ち上げている業者です。
悪意はないものの、途中で会社の資金繰りが上手くかなくなり出勤させられるお金のない業者なのです。
または、優良バイナリーオプション業者で出金できるにもかかわらず、利用者が勘違いしているだけということもあります。
そして悪徳業者がはじめから出金させない目的によって立ち上げている業者もあります。

お金をたくさん集めたら、すぐに会社を潰してお金を持ち逃げしようとするのです。
このような悪徳業者が海外に会社を立ち上げて、バイナリーオプション会社の設立をするケースがあります。

悪徳業者や出金拒否をする業者

悪徳業者や出金拒否をする業者

途中で資金繰りがうまくいかなくなり、出金させられるお金のない業者の場合ですが、普通に営業活動をしている分には利益の出しやすいものです。
しかし、経営能力のない会社の場合には、10%から20%の利益よりも広告宣伝費が増えてしまい、人件費を使ってしまうので、結果として赤字になってしまい、出金したいという利用者に出金させられなくなるのです。

優良なバイナリーオプション業者の場合には顧客管理、経営資金とは別々の銀行口座において管理しており、顧客資金を使い込んでしまうことはありませんが、このような分別管理をしていない業者というのは、経営能力が乏しいために、資金繰りができずに出金させたいものの、そのお金がないという状態になってしまうのです。

利用者が出金できないだけ

利用者が出金できないだけ

優良バイナリーオプション業者のサービス利用者が、ただ出金できないと勘違いしているだけという可能性もあります。
特にボーナスの出金条件の勘違いです。

バイナリーオプションのボーナスは1万円入金すると2万円の証拠金になるという100%ボーナスが一般的になります。
しかし、ボーナス分の出金においては、出金条件が設定されていることが多いです。
出金条件は、一定回数以上の取引が条件とされていることが多く、出金条件をクリアしなければボーナス分は消えてしまうのです。

これは通常のサービスであり、ボーナスは無条件でもらえるものであると勘違いしている方の場合には出金拒否にあってしまうと勘違いしてしまいます。
実際の現金で入金をした金額分というのは無条件で出金できます。

口座管理手数料などの勘違い

口座管理手数料などの勘違い
また、口座凍結、口座管理手数料を勘違いしていることもあります。
海外の大手銀行など金融機関の口座は、口座管理手数料が発生するというのが普通です。
日本の銀行口座というのは大きく異なるのですが、口座開設をすると
ネットバンキング、通帳への記載といったものにかかわらず、人件費が発生しますので手数料が発生するのは普通です。

しかし、日本の銀行の場合には口座管理手数料が無料というのが一般的で、ATM手数料などで稼いでいるので根本的に口座に対しての概念が異なります。

口座凍結になることもある

口座凍結になることもある

バイナリーオプション業者の中でも、海外の業者というのは6ヶ月以上取引のない場合には口座を凍結することがあります。
6カ月以上取引がない場合は口座管理手数料が残高から毎月一定額引かれることが多いです。

ずっと取引しておらず、1年ぶりにバイナリーオプション口座にログインをすると使用できなくなっていた、という場合には出金拒否にあってしまうということもありますが、これを悪質業者として判断してしまうことがありますので、注意してください。